手ぶくろについての記事UP♪

手ぶくろ、気になりませんか?

▼楽☆増無料版⇒下記をクリックでGet♪
楽☆増プレゼント

手袋を買いに [ 新美南吉 ]
オススメ度
価格:560 円(税込)
発送可能時期:在庫あり
小学館文庫 新撰クラシックス 新美南吉 小学館発行年月:2004年01月01日 予約締切日:2003年12月25日 ページ数:250p サイズ:文庫 ISBN:9784094041095 新美南吉(ニイミナンキチ)1913年(大正2年)、愛知県半田市に生まれる。東京外国語学校(現・東京外国語大学)卒業。四歳で母と死別、その後も父の再婚や養子に出されるなどの環境に身を置きながら、常に児童文学への夢を抱き続け、数々の童話や詩を創作した。しかし三十歳を直前にして、喉頭結核のため死去。作品が認められたのは死後十年以上経ってからである(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) 手袋を買いに/ごんごろ鐘/狐/久助君の話/嘘/屁/耳/疣/小さい太郎の悲しみ/百姓の足、坊さんの足/和太郎さんと牛 国民的童話作家として人気の高い新美南吉。日本のふるさとの風景を舞台にした数多くの名作を遺した彼の好んだテーマに、人間と動物、都会と田舎、大人と子供、など「立場を異にするものの魂の交流」がある。本書では、そういった作品群のなかから、雪の積もる冬の夜、寒さに震える子狐のために、人間の街まで手糸の手袋を買いに出かけた狐の親子の物語「手袋を買いに」をはじめ、珠玉の民話的メルヘン「百姓の足、坊さんの足」、南吉自身の思い入れも強かったといわれる「久助君の話」など、十一編を収録した。 本 文庫 小説・エッセイ 文庫 人文・思想・社会 >>詳細を見る
初めてのホームページ