数の子のニュース提供します!

数の子、かなり気になります。

▼楽☆増無料版⇒下記をクリックでGet♪
楽☆増プレゼント

おさしみ数の子【やまか】そのまま食べられる♪塩抜き不要!!年末お正月にはかかせません
オススメ度
価格:2056 円(税込)
発送可能時期:在庫あり
そのまま食べられる 【やまか】おさしみ数の子 ■商品名 【おさしみ数の子】 ■内容量 20本入り【小】 ■製造者 株式会社やまか 数の子のたれは別途料金かかります♪ 保存方法 冷凍 180日 解凍後は冷蔵5日以内にお召し上がりください。 特徴【やまか】おさしみ数の子 解凍してすぐ食べられます♪ 塩抜きしていますのでとっても便利です お鮨屋さんご用達♪歯応えパリパリの最高級カナダ産の数の子だけを使い、時間のかかる塩抜きし、そのまま刺身醤油で召し上がれます 送料 【全国一律】980円また、やまかの【数の子のたれ】も販売していますので、おさしみ数の子に【数の子のたれ】を漬け込みお好みでアレンジしてで自家製の味付け数の子も楽しむこともできます?【1125h_灼熱】天然 味付け数の子昆布加藤水産数の子のウォール街北海道留萌からお届け致します 北海道留萌市は旭川から車で約2時間ぐらいの日本海沿いの人口27000人の小さな街。でも何を隠そう日本一の数の子の街と夕日の街なのです。 数の子のウォール街、この小さな街に40もの数の子加工業者(増毛、羽幌含)がひしめく。 かつてにしん漁で栄華を誇った北海道留萌、にしんが『幻の魚』となったとき真っ先に『輸入』という離れ業と加工技術でこの留萌は数の子の街として君臨し続けている。 塩数の子出荷の約60パーセントをこの小さな街留萌から出荷されているのです。 数の子は耳で食べる。 そんな思いを伝えたい。 数の子のあの、ぽりぽりっとした食感はまさに『耳で食べる』と言われるようにある種日本食文化の象徴でもある。 数の子の独特の弾力感と昆布のうまみ成分はまさに最高峰のハーモニーと言える。 今回の天然数の子昆布は留萌が誇る数の子のブランドメーカー【加藤水産】さんの超貴重な数の子昆布。 数の子昆布(子持ち昆布)とは天然の昆布に鰊が卵を産みつけた産物でまったくの天然の食材である。 そして一般には流通しないまったくのレアな食材。 指定業者しか取り扱うことができない、つまり割り当て分しかないのです。 ▼【加藤水産】超貴重な数の子昆布▼ 完全な天然ものと、人工的なものがあり、本物は北大西洋の冷たく透きとおった海にニシンの大群が春に押し寄せ、昆布に卵を規則正しく産みつけたものです。 産み出された完熟卵は海水中の成分と触れ合うことで昆布やまわりの卵とくっつきあい、次第に厚みを増していきます。ニシンの卵はお腹の中では大変柔らかいのですが、産んでしまうと海水と成分が混じりあいぐっと硬くなります。 数の子昆布の独特の歯ごたえはこのとき生まれるのです。しかし世の中には人工的に製造された商品も存在することも事実です。当商品子持ち昆布は天然ものです。(歯ごたえでわかります。) 数の子の由来古来より、北海道ではニシンのことを『カド』(アイヌ語)と呼んでいました。 ニシンの卵はそのまま『カドの子』と呼ばれ、それが後々『数の子』となったといわれてます。(いがいと単純でした) ニシンは幻の魚となってますが、まだまだ北米カナダではニシンの大群が押し寄せています。産卵のために海が盛り上がるほど押し寄せ厳しい寒流で育った昆布に産み付けた 卵は、そのすばらしい色合いとともに子孫繁栄の象徴として、また慶事にかかせぬ縁起物として珍重されています。 >>詳細を見る
初めてのホームページ